普通自動車の廃車手続き

重量税の還付の手続き
(普通自動車の場合)

◆ガリバーの愛車無料査定申込のお話し◆
中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」です。車種・年式・走行距離 等の簡単な入力で概算価格をお知らせいたします。
カンタンに入力完了する簡単で便利な無料サービスです。愛車の査定に是非ご利用ください。

重量税の還付手続き(普通自動車の場合)

自動車の重量税とは、車の重量(重さ)に応じて支払う税金のことです。
自動車重量税は新車購入時や車検時に納める税金で、車検期間内に廃車の手続きをするこで、残存期間に応じた還付金を受け取ることができます。これが自動車重量税の廃車還付制度です。

※車検残存期間が1ヵ月に満たない場合は還付を受けることはできません。

[PDF ]平成22年4月1日からの新しい自動車重量税税率表[国土交通省]

自動車重量税の廃車還付制度とは
廃車不法投棄の防止とリサイクル促進から、車検の有効期間内に廃車の手続きをし、解体された自動車について還付措置が設けられた制度です。
平成17年1月以降、ディーラーや引取業者へ引渡した廃車から適用になっています。
[PDF ]使用済自動車に係る自動車重量税廃車還付制度について[国税庁]

重量税廃車還付制度について

◆トラック買取り無料査定見積りのお話し◆
トラック買取.comではトラックや重機の買取専門企業として、Webを中心にお客さまから査定のご依頼を頂いております。
(1)日本全国完全無料出張査定!(離島でもOK!)
(2)買取金額、買取台数無制限!
(3)即日現金買取り金額も無制限!
多くのお客様より高く評価頂いておりますので、トラックの買取りをご希望の方は、是非、ご利用ください。

自動車重量税の還付申請の手続き

申請書は運輸局(陸運局)にあり、還付申請書の様式は、解体を事由とする永久抹消登録申請書又は解体届出書と一体となっています。
還付申請は、引取業者からの廃車が解体された連絡を受けた後、永久抹消登録申請又は
解体届出と同時に申請書に必要な事項を記載して運輸支局(陸運局)にします。

※ 自動車税務所への申請は自動的におこなわれます。

[PDF ]自動車重量税廃車還付申請の記載例[国税庁]

自動車重量税の還付金

還付される自動車重量税額は、次の計算式により求めることができます。
納付された自動車重量税額×車検残存期間÷車検有効期間=還付金額
手続き完了から3ヵ月後に指定した口座に振込まれます。

「廃車の続きは面倒だな」と思った方は

廃車費用をかけず、自分で廃車の手続きをするには、手続きに要する時間や、当サイトでご紹介した情報を最低限覚えなければいけないでしょう。「近くの運輸局(陸運局)ってどこ?」「管轄の自動車税事務所って?」「廃車の手続きは面倒だな」と思った方は、廃車の手続き代行や車を廃車として買ってくれる、業者にお願いすると面倒な手続きも必要ありません。

◆トリップアドバイザーのお話し◆
トリップアドバイザーは、旅行者が最高の旅行を計画し、予約できる世界最大の旅行サイトです。
2億以上の口コミが寄せられるトリップアドバイザーでは、お得な航空券や最高のホテル、素敵なレストラン、さらには観光名所についても調べることができます。

トリップアドバイザーが世界中で利用されているワケをご紹介いたします。
1.簡単に最安値を検索することができるサイトです。
2.世界最大2億件以上の口コミが掲載されているサイトです。
3.最新データの口コミランキングがどこよりも多いサイトです。
この機会に、是非、ご利用ください。

札幌で廃車の買取や手続きができる会社へ