普通自動車の廃車手続き

自動車税の還付の手続き
(普通自動車の場合)

自動車税の還付手続き(普通自動車の場合)

毎年1度、4月1日時点で車の所有者は自動車税を収めなければなりません。
自動車重量税と同じく、自動車税も手続きをすることで還付することが出来ます。

※自動車税は解体しなくても戻ってくる税金です。一時的に車を使わないのであれば
一時抹消登録をお勧めします。

一時抹消登録の手続き(普通自動車の場合)

自動車税の還付申請の手続き

自動車税の還付手続きは、一時抹消登録や永久抹消登録の手続きをすることにより自動的に
手続きされるシステムになっています。2〜3ヵ月後に「支払い通知書」が届きます。
指定口座への振込みを希望する場合は、自動車税事務所に行き、申請手続きをします。

自動車税の還付金

「自動車税の還付金」

(単位:円)

排気量(単位:cc) 年額 1ヶ月あたり
1,000以下 29,500 2,400
1,001~1,500 34,500 2,800
1,501~2,000 39,500 3,200

2,001~2,500

45,000 3,700
2,501~3,000 51,000 4,200
3,001~3,500 58,000 4,800
3,501~4,000 66,500 5,500
4,001~4,500 76,500 6,300
4,501~6,000 88,000 5,500
6,000以上 111,000 6,300

※参考金額としてご覧ください。

※環境対策車などのグリーン税制減税分は車種により異なります。表には含まれておりません。

※新車登録より11年を超えるディーゼル車、13年を超えるガソリン車につきましては、上記年額の1割増しとなっております。

ロータリーエンジンについては、税務上での扱いが異なります。
「単室容量(cc)×ロータリー数×1.5」 を税務上での排気量区分とされます。

「廃車の続きは面倒だな」と思った方は

廃車費用をかけず、自分で廃車の手続きをするには、手続きに要する時間や、当サイトでご紹介した情報を最低限覚えなければいけないでしょう。「近くの運輸局(陸運局)ってどこ?」「管轄の自動車税事務所って?」「廃車の手続きは面倒だな」と思った方は、廃車の手続き代行や車を廃車として買ってくれる、業者にお願いすると面倒な手続きも必要ありません。

札幌で廃車の買取や手続きができる会社へ