普通自動車の廃車手続き

普通自動車の自賠責保険 返金の手続き
(一時抹消登録の場合)

自賠責保険 返金の手続き(一時抹消登録の場合)

廃車(一時抹消登録)する際に、自賠責保険の有効期間が「一ヶ月以上」残っていれば、保険会社に手続きをすることで、自賠責保険の残存期間に応じた返戻金を受け取ることができます。

自賠責保険の返戻金っていくら?

自賠責保険の還付手続きによる返戻金の額は、自動車税のような月割り計算ではなく、保険規約に基づいた計算となります。
自賠責保険の還付手続きの前に、運輸局(陸運局)で廃車手続きを完了させておく必要があります。
廃車手続き完了後保険会社に連絡し、自賠責保険解約と還付手続きをします。その際、返戻金を受け取るための振込先が必要となります。口座番号などの情報を記入するので、通帳や銀行印を持参した方が手続きをスムーズに進められます。
保険会社の還付手続き書類に不備がなければ、自賠責保険返金の手続きは終了です。

返金の手続きが遅れてしまうと、返戻金の額も減ってしまうので、返金の手続きは早めに行いましょう。

自賠責保険の返戻金っていつ戻ってくるの?

一般的には還付手続き完了後一週間〜二週間後、口座に返戻金が振り込まれます。
還付手続き完了後とは、運輸局(陸運局)で廃車の手続きをした日ではなく、保険会社で自賠責保険解約の手続きをした日になります。

【自賠責保険の返金に必要な書類】(普通自動車を一時抹消登録する場合)

普通自動車を一時抹消登録する際の、自賠責保険の返金に必要な書類があります。
下記の書類を用意・記入し、保険会社に申請手続きをしてください。

  • 1.一時抹消登録証明書
  • 2.自賠責保険証の原本
  • 3.1に記載されている所有者の認印

※一時抹消登録証明書は、普通自動車を一時抹消登録した際に貰うことができます。

普通自動車を一時抹消登録する方法

運輸局(陸運局)
永久抹消登録手続き後、運輸局(陸運局)で抹消登録証明書をもらいます。
返金手続き
保険会社に連絡し、自賠責保険の返金手続きをします。
口座に返戻金
一週間〜二週間後、口座に返戻金が振り込まれます。

「廃車の続きは面倒だな」と思った方は

廃車費用をかけず、自分で廃車の手続きをするには、手続きに要する時間や、当サイトでご紹介した情報を最低限覚えなければいけないでしょう。「近くの運輸局(陸運局)ってどこ?」「管轄の自動車税事務所って?」「廃車の手続きは面倒だな」と思った方は、廃車の手続き代行や車を廃車として買ってくれる、業者にお願いすると面倒な手続きも必要ありません。

札幌で廃車の買取や手続きができる会社へ