普通自動車の廃車手続き

一時抹消登録に必要な書類
(普通自動車の場合)

一時抹消登録の手続き(普通自動車の場合)

自動車税は、どのような理由(入院や海外出張などの理由で長期間、車を使用しない場合)があっても収めなくてはなりません。しかし、一時抹消登録の手続きをすることにより税金の支払いを止めることができます。それが、一時的に廃車状態にする一時抹消登録といいます。

※注意 抹消しようとしている車にローンが残っている場合には、一時抹消登録は行えません。
ローンが残っているうちは、所有者が販売店やクレジット会社になっているためです。その場合はローンを返済し、所有権解除の手続きをしてください。

永久抹消登録と一時抹消登録の違いは、廃車登録後に再度、車を使用するのかしないのかです。
永久抹消登録は法律的に永久抹消することで、再登録手続きができないのでご注意ください。
「また乗るかもしれない」と迷っている方は一時抹消登録がおすすめです。

普通自動車の一時抹消登録の仕方

【廃車手続きに必要な書類】(普通自動車を一時抹消登録する場合)

普通自動車を一時抹消登録するには、以下の書類が必要です。
必要項目を記入して、管轄の運輸局(陸運局)へ申請手続きをしてください。

※管轄はお住まいの地域によって変わります。

自分の管轄を調べる。

  • 1.車検証
  • 2.ナンバープレート(2枚)
  • 3.証明書
  • 4.実印
  • 5.手数料納付書・印紙
  • 6.自動車税申告書
  • 7.自動車取得税申告書
  • 8.申請書

※所有者の方が行けない場合は委任状が必要となります。

委任状(普通自動車の場合)のダウンロード[PDF]

※ナンバープレートを紛失・盗難等で返納できない場合は、理由書が必要となります。
盗難の場合は、盗難の届出を行った警察署名、届出年月日、受理番号を記入します。

【廃車手続きの流れ】(普通自動車を一時抹消登録する場合)
ナンバープレートを車から取外します。
ナンバープレートを車から取外します。
管轄の運輸局(陸運局)に必要書類とナンバープレートを持参します。
管轄の運輸局(陸運局)に必要書類とナンバープレートを持参します。
運輸局(陸運局)で、一時抹消登録を伝えます。
運輸局(陸運局)で、一時抹消登録を伝えます。ナンバープレートを渡し、一時抹消手続きに必要な書類に記入します。(運輸局(陸運局)には記入サンプルがあります)
手数料印紙を貼り付け、書類を窓口へ提出
手数料印紙を貼り付け、書類を窓口へ提出します。
窓口で一時抹消登録証明書を受け取ります。
窓口で一時抹消登録証明書を受け取ります。
管轄の自動車税事務所で、自動車税の手続きを行います。
管轄の自動車税事務所で、自動車税の手続きを行います。

上記申請手続きをすることで、来年からの軽自動車税の支払いを止めることができます。
車検が残っていれば返金を受けることもできます。

「廃車の続きは面倒だな」と思った方は

◆◆愛車の廃車、今、車の廃車は売れる時代です!◆◆
廃車の価値について
(1)取り外された部品は、中古部品として再利用
(2)自動の本体は、鉄資源として再利用
(3)重量税は、車検がのこっている月数で還付金
(4)その他
このように再利用される自動車、詳しくは下記の会社へお気軽にメールでお見積を依頼しましょう。

◆お車の廃車は「廃車ドットコム」のお話し◆
廃車買取りサービス【廃車ドットコム】の新規査定お見積りサービスで、愛車の廃車買取り価格を確認することをお勧めいたします。
お車の廃車買取実績、全国で10万台以上の廃車買取り専門サイトで、この機会にお見積りをしてみましょう。

札幌で廃車の買取や手続きができる会社へ