軽自動車の廃車手続き

軽自動車の自賠責保険返金の手続き
(一時抹消登録の場合)

軽自動車の自賠責保険返金の手続き(一時抹消登録の場合)

廃車(一時抹消登録)する際に、自賠責保険の有効期間が「一か月以上」残っていれば、保険会社に手続きをすることで、自賠責保険の残存期間に応じた返戻金を受け取ることができます。
自賠責保険の返戻金っていくら?
自賠責保険の還付手続きによる返戻金の額は、自動車税のような月割り計算ではなく、保険規約に基づいた計算となります。
自賠責保険の還付手続きの前に、運輸局(陸運局)で廃車手続きを完了させておく必要があります。
廃車手続き完了後保険会社に連絡し、自賠責保険解約と還付手続きをします。その際、返戻金を受け取るための振込先が必要となります。口座番号などの情報を記入するので、通帳や銀行印を持参した方が手続きをスムーズに進められます。
保険会社の還付手続き書類に不備がなければ、自賠責保険返金の手続きは終了です。

返金の手続きが遅れてしまうと、返戻金の額も減ってしまうので、返金の手続きは早めに行いましょう。

自賠責保険の返戻金っていつ戻ってくるの?
一般的には還付手続き完了後一週間〜二週間後、口座に返戻金が振り込まれます。
還付手続き完了後とは、軽自動車協会で廃車の手続きをした日ではなく、保険会社で自賠責保険解約の手続きをした日になります。
【自賠責保険の返金に必要な書類】(軽自動車を一時抹消登録する場合)
軽自動車を一時抹消登録する際の、自賠責保険の返金に必要な書類があります。

下記の書類を用意・記入し、保険会社に申請手続きをしてください。

  • 1. 一時抹消登録証明書
  • 2.自賠責保険証の原本
  • 3.1に記載されている所有者の認印

※一時抹消登録証明書は、普通自動車を一時抹消登録した際に貰うことができます。

軽自動車を一時抹消登録する方法

軽自動車協会 軽自動車協会で一時抹消登録証明書をもらいます。
返金手続き 保険会社に連絡し、自賠責保険の返金手続きをします。
口座に返戻金 一週間〜二週間後、口座に返戻金が振り込まれます。

STEP1 軽自動車協会で一時抹消登録証明書をもらいます。 STEP2 保険会社に連絡し、自賠責保険の返金手続きをします。 STEP3 一週間〜二週間後、口座に返戻金が振り込まれます。

車の価値、お見積りをしてみましょう!

ここから以下は全国ネットワークで営業展開している、車の査定買取や廃車の引取り、自動車の廃車手続きができる会社です。
ご自分の愛車を「中古車として売りたい方」「廃車にしたい方」専門業者へメールでお見積り(査定)依頼して、愛車の現在価値や廃車の料金を確認して最適な選択をしましょう。

中古車の買取査定をご希望の方はこちらで。

【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定

ズバット車買取比較とは、全国150社以上の車の買取業者へ、一括で査定の依頼ができ、各社の車の買取査定額を比較する事で売りたい車を最高額で売却できます。
お客様の入力は簡単で約1分程度! ズバット車買取査定の累計利用者数は、100万人以上となっています。
また、お見積り査定依頼ができる車の買取業者は、ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、ジャック、アップル、ビッグモーター、ユーポスなど、テレビやラジオCMでもお馴染みの企業を含めた日本全国で150社以上を数えます。中古車の買取査定をご検討の方は、この機会にご利用下さい。
《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

廃車の買取査定をご希望の方はこちらで。

全国展開の廃車ドットコムの車買取

廃車の査定買取りサービス【廃車ドットコム】の新規査定お見積りサービスで、愛車の廃車買取り価格を、地元の業者と全国で展開している会社へお見積り依頼して、料金の確認することをお勧めいたします。
お車の廃車買取実績、全国で10万台以上の廃車買取り専門サイト。この機会に廃車ドットコムにお見積り(査定)を依頼して車の買取金額を確認してみましょう。
廃車のことなら廃車トッドコム