軽自動車の廃車手続き

永久抹消登録に必要な書類
(軽自動車の場合)

永久抹消登録の手続き(軽自動車の場合)

軽自動車の永久抹消手続きを軽自動車協会で手続きをおこなう前にしなければならない事があります。まず解体業者さんに車を持って行き、解体やスクラップ(廃車にする)してもらうことです。
解体業者さんに車を解体やスクラップしてもらい、解体証明書・ナンバープレートをもらって下さい。
廃車の手続きに関しては軽自動車協会でおこないます。

※ 順番は逆になっても大丈夫ですが、永久抹消登録手続きをしてしまうと、二度と車に乗ることはできませんのでご注意ください。

永久抹消登録と一時抹消登録の違いは、廃車登録後に再度、車を使用するかしないかです。
永久抹消登録は法律的に永久抹消することで、再登録手続きができないのでご注意ください。
「また乗るかもしれない」迷っている方は一時抹消登録ができますのでご確認ください。

軽自動車の一時抹消登録の仕方

【廃車手続きに必要な書類(軽自動車を永久抹消登録する場合)

軽自動車を永久抹消登録するには、以下の書類が必要です。
必要項目を記入して、管轄の軽自動車協会へ申請手続きをしてください。
(解体業者さんから解体終了の連絡を受けて、15日以内に手続きを行います。)

  • 1.車検証
  • 2.ナンバープレート(2枚)
  • 3.所有者の認印
  • 4.申請書
  • 5.自動車取得税申告書
  • 6.軽自動車税申告書
  • 7.自動車リサイクル券
  • 8.解体証明書

※所有者の方が行けない場合は委任状が必要となります。

委任状(普通自動車の場合)のダウンロード[PDF]

※自動車のローンが残っているなどの理由で車検証の所有者欄が別名になっている場合は譲渡証明書が必要となります。

譲渡証明書のダウンロード[PDF]

※車にしばらく乗る予定がない、車に乗らないに税金や自動車保険を払うのがもったいないと思う方は、一時抹消登録し、廃車にする事ができます。

解体業者さんに廃車依頼
解体業者さんに廃車依頼をし、解体・スクラップしてもらう。
解体証明書・ナンバープレート
解体業者さんから、解体証明書・ナンバープレートをもらう。
管轄の運輸局(陸運局)
管轄の運輸局(陸運局)に行き、廃車の手続きをする。

廃車の手続きに必要な費用

【軽自動車協会でおこなう廃車手続き費用】

手数料
350円

(変更登録が必要な場合はこの他に変更登録手数料350円が必要となります。)

申請書代
約100円
解体手続き費
解体業者に支払う解体費用

※ 解体業者により異なります。解体業者さんを探すには?

自動車リサイクル料金
0円

※ 自動車購入時にリサイクル券を購入していない場合はリサイクル料金が必要になります。

自動車リサイクル料金は車により変わります。車検証があれば下記よりすぐに調べることができます。
自動車リサイクル料金を調べるには

http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html

「廃車の手続きについて」

◆◆愛車の廃車、今、車の廃車は売れる時代です!◆◆
廃車の価値について
(1)取り外された部品は、中古部品として再利用
(2)自動の本体は、鉄資源として再利用
(3)重量税は、車検がのこっている月数で還付金
(4)その他
このように再利用される自動車、詳しくは下記の会社へお気軽にメールでお見積を依頼しましょう。

◆愛車の廃車は、廃車ひきとり110番にお任せ下さい◆
廃車ひきとり110番は、中古車買取店が引き取りや買取りができなかったり、自動車ディーラーがお値段をつけれらないお車、車検切れなどで移動できなくなったお車など、陸運局での登録料無料、ご自宅までの引き取り料無料で愛車を引き取ってくれます。
そして、お車の車検が残っている場合は、車両代のほかに自賠責などの返戻金も買い取ってくれるので、お客様に大変喜ばれています。
一般的な買取店やディーラーでは、この返戻金なども買取り代金に含まれたり、また、登録料なども別途請求されることから、実質お車のお買取り金額が無料ということも多くあります。
廃車ひきとり110番が買取りできるのは、自社グループ会社で自動車リサイクル工場を所有していること、そのつながりから全国ネットワークで、自動車部品や車体の再利用、中古部品としてリサイクル、海外貿易などの多彩な販路を持っているため、それらを可能にしています。
まずは、お気軽にお見積りを依頼して、ご相談してみましょう。

札幌で廃車の買取や手続きができる会社へ